おすすめ空気清浄機はこちら

TEAC AI-301DA-SP 小型プリメインアンプの口コミ・評判、レビュー

 

今回は、小型プリメインアンプ、TEAC AI-301DA-SPの詳細レビューと口コミ・評判をご紹介したいと思います。

 

このような方にオススメの記事です

  • コンパクトで駆動力のあるデジタルアンプを探している方
  • 入力方式が豊富なデジタルアンプを探している方
  • リモコン付属のデジタルアンプを探している方
  • デスクトップオーディオに最適なデジタルアンプを探している方

 

 

TEAC AI-301DA-SPの特長

 

コンパクトボディ・オート電源

コンパクトな高性能オーディオというコンセプトを追求。横幅215mm、奥行き224mmのスクエアーボディ(254mm突起部含む)に凝縮されたボディはTVボードの上など自由度の高い設置が可能です。

デジタル信号の入力を感知して自動的に電源が入るオートパワーオン機能を採用しており、TVの光デジタル音声出力に接続した場合、TVの電源を入れるだけでAI-301DA-SPの電源もオンになり、そのまま高音質なサウンドを楽しむ事ができます。実際にTVに接続して音楽を聴くシーンでの使い易さにこだわりました。

 

豊富なデジタル入力

Bluetooth®機器からは高音質なワイヤレス再生が可能なaptX®方式によるコーデックを採用。このaptX®コーデックは高音質に加え、低レイテンシー、優れたエラー回復機能といった、高音質なオーディオ再生には欠かせない特長を備えています。

USBオーディオ入力のほかに、汎用性の高いS/PDIF入力を搭載。同軸デジタル入力は最大192kHz/24bit光デジタル入力は最大96kHz/24bitのデジタルオーディオをサポートしています。

 

高性能D/Aコンバーター採用・DSDネイティブ再生に対応

DSD 5.6MHzファイルをPCM変換することなくダイレクトにアナログ信号に変換するDSDネイティブ再生に対応したUSB入力を装備。ASIO2.1またはDSD over PCM方式をサポートし、ハイレゾ音源対応のパソコン用音楽再生ソフトTEAC HR Audio Playerから、難しい設定をしなくても、どなたでも簡単にDSD 5.6MHzやPCM 192kHz/32bitファイルといったハイスペックなデジタルオーディオの世界を体験できます。

 

DSD 5.6MHzやPCM 192kHz/32bitの膨大なデジタルデータをアナログ変換するD/Aコンバーターには、32bitデジタル処理が可能なBurrBrown PCM1795を採用。CDをはるかに凌駕するデータ量から生み出されるアナログ信号は、きめが細かく、奥行き感のある音として再現されます。

パソコンからUSBケーブル経由でデジタルオーディオ信号を転送する際、入力信号のタイミングをコントロールするクロックをUD-501でも採用した内蔵クロックによって制御するアシンクロナスモード(非同期モード)に対応。USB伝送ジッターを理論上無視することができるアシンクロナス伝送方式により、ピュアな状態でデジタルオーディオ信号の転送を行います。

 

高音質Class-Dアンプ回路採用

プリメインアンプの心臓部、パワーアンプ部にはデンマークICEpower社Class-Dアンプを搭載。入力信号を忠実に増幅するHCOM方式※1およびMECC※2フィードバックループの採用で、ハイレゾ音源のきめ細やかな原音を高品位なスピーカー信号として出力します。さらに40W + 40W(4Ω)の高出力・高効率設計の回路は発熱量も少ないので冷却ファンを必要とせず、ピュアな音楽鑑賞に求められる静かな環境を提供します。
※1 Hybrid feedback Controlled Oscillating Modulator
※2 Multivariable Enhanced Cascade Control

 

ヘッドホン出力も高音質

ヘッドホンアンプには、CCLC※方式を採用しました。一般的なヘッドホン出力回路ではコンデンサーによる出力段のカップリングを行うため、音にコンデンサーの色が付いたり、コンデンサーがハイパスフィルターのような働きをすることによる位相遅れや低域のレベル低下など、音への影響が避けられませんでしたが、CCLC方式ではコンデンサーに起因するこれらの音への悪影響を排除し、十分な低域とレスポンスの良い高次元のヘッドホンリスニング環境を提供します。
※ Coupling Capacitor Less Circuit

 

金メッキバナナプラグ付属

金メッキ処理が施されたスプリング方式のサイド接続型バナナプラグを4個(1組)同梱。芯径5mmまでの大径スピーカーケーブルを接続できます。サイド接続型なので奥行きが限られたスペースでもスピーカーケーブルの取り回しに苦労することがありません。

 

TEAC AI-301DA-SPの口コミ・評判

 

ここでは、よい口コミとよくない口コミをそれぞれまとめました。

 

よい口コミ

  • 音の解像度・音場・空間を感じられるようになりました
  • 音質は、DSDネイティブ再生、DSDへのアップコンバート再生では素晴らしい音を奏でます。もはやスピーカーが云々というレベルではないです
  • 低音域から高音域までクリアで歯切れが良く、フラットに出力しているようです
  • グラマラスな低中音域に聴き疲れしない高音と、さすがオーディオ機器メーカーといったところですね
  • ひと昔前の高級重量級トランジスタアンプは超える良さがあり、より真空管アンプの音質に近い
  • 絞った音でもギャングエラーもなく、安定した駆動をしていると思います
  • 気楽に高音質な音楽を楽しむには最適だともいます
  • シンプルながら必要十分な入力系統が用意されており、SPケーブルも確実に固定できるパーツが用意され安心感があります
  • 後期高齢者の私でも、全く、困らない! 説明書も的確で分かりやすい
  • デジタルオーディオ入門に最適なDACと思います

 

出典:Amazon

 

よくない口コミ

  • デジタルっぽい少し硬いという印象もあるかも知れません
  • 重低音の迫力は期待しないほうがよいと思います
  • 本格的な音楽を聞くには少し物足りないかもしれません
  • ヘッドフォン接続ですが、こちらは可もなく不可もなくと言ったところ
  • DACを駆動しての再生では発熱が気になる
  • 冬でも天板が結構熱い

 

出典:Amazon

 

TEAC AI-301DA-SPの音質チェック動画

 

TEAC AI-301DA-SPのスペック・仕様

最大出力 40W + 40W (4Ω、1kHz、歪率 10% JEITA)
20W + 20W (8Ω、1kHz、歪率 10% JEITA)
定格出力 28W + 28W (4Ω、1kHz、歪率 0.1% JEITA)
15W + 15W (8Ω、1kHz、歪率 0.1% JEITA)
スピーカー適合インピーダンス 4Ω~8Ω
周波数特性 2Hz~100kHz (-5dB)
S/N比 95dB (LINE入力、IHF-A/LPF 20kHz 1kHz 2V入力)
全高調波歪率 0.01% (1kHz、8Ω、1W)
オーディオ入力 Bluetooth2.1、RCA、USB Type B、同軸デジタル、角型光デジタル
出力端子 スピーカー:スクリュー式 (バナナプラグ、AWG8対応)、ヘッドホン:6.3mm(1/4")ステレオ標準ジャック
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 38W
外形寸法 215 (W) × 61 (H) × 254 (D)mm (突起部含む)
質量 2.1kg
付属品 電源コード、リモコン (RC-1313)、リモコン動作確認用単四形乾電池2本、取扱説明書(保証書付)、バナナプラグ (SP-5010BN) 4個
カラーバリエーション ブラック、シルバー

 

まとめ

 

いかがでしたしょうか。

高品質なアンプ機能と、至れり尽くせりな音声入力機能がコンパクトなボディに集約されているのが魅力ですね。

デジタルオーディオ入門用としても、またガジェット好きな方にもオススメ出来る製品だと思います。

商品ページはこちらから↓

 

 

シェアしてね!

テキストのコピーはできません。