OCNのお買得スマホ情報はこちら

K-POPガールズグループレビュー① RANIA

RANIA

今回は、個別にK-POPガールズグループを振り返っていきたいと思います。第一弾は、2011-2018年まで細かくメンバーチェンジを繰り返しながら活動し、2019年7月現在存続不明のグループ、RANIAの楽曲をご紹介いたします。

 

Dr Feel Good (2011.4)

テディ・ライリーのプロデュースによるデビュー曲。メンバーはデビュー直前(直後?)まで8名だったようですが、リリース以降しばらくはセム、リコ、ティエ、ジョイ、ディ、ジュイ、シアの7人で固定されます。私が初めてこの曲のTVパフォーマンスを見た時、既存のアイドルグループとは全く異質な、ダークで妖艶なコンセプトに衝撃を受けました。そういったインパクトを踏まえると、個人的にはこの時期がRANIAの一番のハイライトだったかなと思います。楽曲的には最初聴いた時はやや単調な印象を受けましたが、次第にクセになっていきました。中毒性の高いフックソングだと思います。

 

Masquerade (2011.6)

前作に引き続きテディ・ライリーのプロデュース。妖艶さとクールさを兼ね備えたRANIAらしい楽曲です。MVはなし。

 

Pop Pop Pop (2011.11)

スティックを用いたダンスが印象的な楽曲で、モロ洋楽な前2曲に比べると、K-POP寄りで親しみやすい曲調です。

 

左からシア、ジョイ、ティエ、セム、リコ、ジュイ、ディ

RANIA 01

 

Style (2012.9)

霧がかったような怪しさとクールな質感を併せ持った名曲です。キャリア史上でもおそらく一番の代表曲ではないでしょうか。

 

Just Go (2013.3)

ほぼベスト盤的内容のアルバムの表題曲。サビ部分のテンポが心地よい楽曲です。

 

Up (2013.7)

RANIAの中で一番大衆受けしそうなキャッチーな楽曲です。MVのみで活動は一切行われず。

 

Demonstrate (2015.11)

ヘミ、ソルジ(後にジウに改名)、アレクサンドラが加入、前作から2年以上のブランクを経てのリリース。ストリートヒップホップ寄りで、作風の変化が感じられる一曲です。

 

Start A Fire (2016.12)

BP RANIAに名前を変更。メンバーは前回の新メンバーに加え、ジウン、タボ、ユミン、イナ(セムから改名)が新たに加入。オリメンは復帰したイナのみ。リニューアルにふさわしい完成度の高い楽曲です。また、この曲以降、メンバーのヘミがグループのセンター的ポジションに据えられるようになります。

 

Make Me Ah (2017.2)

アルバムStart A Fireからの2nd活動曲。MVはなし。切ないメロディーが印象的です。

 

左からジウン、タボ、ヘミ、ジウ、アレクサンドラ、ユミン

RANIA 02

 

Beep Beep Beep (2017.8)

ボクササイズっぽい振り付けが面白いです。RANIAの活動曲の中ではちょっと印象が薄い感じです。

 

Breathe Heavy (2017.9)

RANIAらしい妖艶なダンスナンバーです。

 

いかがでしたでしょうか。ネットで知る限り、2019年以降、公での活動を行ってないようですが、またしぶとく復活してくれることを切に願います。

BLACKSWAN(旧RANIA)約3年ぶりにカムバック『Tonight』MV公開

RANIAついにカムバック?BLACK SWANに改名し新曲『Tonight』披露

 

 

シェアしてね!

テキストのコピーはできません。